加工品溶接補修

加工完品の溶接補修と手仕上げ

当社では、加工完品(鋳鋼・鋳鉄・炭素鋼・ステンレス・アルミ等)の溶接補修全般を、自社内またはお客様先への出張で対応します。

特徴

1.手仕上げ~熟練の技術

他社に無い工具と伝承された技術による手仕上げにて、機械加工並みの寸法精度をお約束します。
「鋳物は生き物。同じものは二つとしてない」と考え、熱影響・応力・溶接する場所・時間等あらゆる条件を考慮して生み出される寸法制度は、多くのお客様に喜ばれて参りました。
他社を上回る熟練した技術は、若いスタッフへ伝承され、当社の大きな武器となっております。
他社で断られた、失敗した、期待通りでなかった。こんな場合でも快くお受け致します。

2.短納期・迅速対応

全国出張や夜勤対応で短納期・迅速対応・納期厳守をモットーとしています。
多少無茶かな、と思われてもまずはご相談下さい。

3.短ビード溶接

数十mm程度の短ビードで一度に溶接を行うので、母材金属の温度上昇や溶接部の局所的な加熱を防ぎます。
また、溶接金属の母材への溶け込みが過度にならないようつとめます。

4.ピーニング工法

短ビード溶接を行った箇所にピーニングを行い、溶着金属の熱と収縮応力を分散させます。
熟練の技術に伴う作業により、ひずみ・ゆがみがほとんど無い丁寧な仕上がりになります。

5.機器の延命化、長期的補修

金属補修剤のような応急処置的な補修ではなく、恒久的な補修で長期使用に適します。

用途・事例

・ポンプ類:ベース脚部、ケーシング、インロー部、フランジ部
・熱交換器:カバー、本体
・ギア:スプロケット
・ベアリング:軸受部、軸受けハウジング

ここにあるのはほんの一例です。

設備・作業風景

設備・作業風景 設備・作業風景
ページのトップに戻る