非破壊検査付溶接補修

非破壊検査付溶接補修

当社では、溶接補修と非破壊検査を一括で承ることができます。
UT検査・プロット、MT湿式・乾式検査等の対応が可能です。

当社が請け負った溶接補修品については、原則非破壊検査を行い、万全の体制で制度の維持に努めています。
一部作業のみや急な案件であっても、ご要望に応じて非破壊検査付溶接補修には応じておりますので、
ご相談頂きます様お願い致します。

特徴

1.PT検査(浸透探傷試験)

PT検査(浸透探傷試験)は、赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れやキズなどを検出する 非破壊検査方法です。
表面に開口したキズであれば、検出できるため広く利用されている方法です。

2.MT湿式・乾式検査(磁粉探傷検査)

MT湿式・乾式検査(磁粉探傷検査)は鋼鉄材料等の強磁性体を磁化することにより、キズにより生じた磁極による磁粉の付着を利用して微細なきずを磁粉により拡大させ、肉眼で容易に確認出来るようにする
検査方法です。